HOME > 診療科のご案内 > 整形外科

概要

整形外科では、筋骨格系で構成される運動器の傷病(病気や怪我)を主に治療します。基本的には骨、軟骨、関節、筋肉、腱、靭帯などの疾患(病気)や外傷(怪我)が治療の対象で、頚部(首)から下の、四肢(腕、手、脚、足)以外にも、肋骨、脊椎(背骨)、骨盤も対象に含まれます。また、一部の神経障害(脊髄や末梢神経が主体で、頭部、脳は含みません)や、骨粗鬆症の治療も行っております。

当院の整形外科は、地域医療としての役割を果たすべく、何でも気軽に相談できるような科を目指しています。
患者様が元気になれるよう、医師、看護師共に優しく、明るい雰囲気作りを心掛けております。

首、肩、膝、腰などの痛みやしびれに対しては、ブロック注射、関節注射、点滴等での治療も行っております。
また、様々な症状に応じてリハビリも行っておりますのでお気軽にご相談下さい

ページの先頭へ

対象となる症状

  • 首の痛みやしびれ
  • 首や肩のこりの重苦しさ
  • 背中、腰まわり、脇腹や肋骨の痛み
  • 姿勢が悪い、背筋(せすじ)が伸びない、背骨が曲がっている
  • 肩から腕、手のしびれや痛み
  • 肩が上がらない、腕や手・指の力が入らない、上手く動かない
  • 手の甲や手首周りの腫瘤
  • 指の痛み・腫れ・熱感・変形
  • お尻、太もも、すね、ふくらはぎや足のしびれ、
    痛み、力が弱い
  • 脚の付け根(股関節)の痛みや腫れ
  • 階段の上り下りや立ち上がりに膝や足首が痛い
  • 立ち上がりや歩き始めた時に足や踵が痛い
  • 足の痛みや変形
  • 全般的な関節の痛み、腫れや熱感 など

首から下の全身について、痛み、腫れ、変形、しびれ、熱感、感覚がおかしい、力が入りづらい、上手く動かない、などの症状がある場合は、整形外科の受診をお勧めします。
また、姿勢や背筋が悪くなった、身長が低くなった、といった不具合もご相談下さい。

ページの先頭へ

検査、治療法について

整形外科で行う検査としては、画像検査が主体です。X線写真(レントゲン)検査、骨密度検査などを行います。
治療は、初期には投薬が主体で、飲み薬、貼り薬(湿布)、塗り薬を処方します。症状が落ち着かない方には、点滴や関節注射、ブロック注射も外来で行っており、リハビリテーションも併せて行います。
なお、検査内容や、治療方針につきましては、患者様ごとに異なりますので、詳細は担当医にお尋ね下さい。

ページの先頭へ

今月の担当医

診療内容・診療時間
午前 整形外科 - - 高 野 - - 石 川 橋本(整) - -
午後 整形外科 - - 高 野 - - 石 川 橋本(整) - -

受付時間は、曜日により異なりますのでご注意下さい

ページの先頭へ

休診・担当医変更のお知らせ

医師名 休診または担当医変更の状況
真鍋 医師3月13日(月)をもちまして、外来診療が終了となりました。
高野 医師5月23日(火)より、毎週火曜日の外来診療が始まります
石川 医師7月20日(木)は休診となります。※代診の予定はありません

ページの先頭へ

休診・担当医変更のお知らせ

ただいま、休診・代診の予定はありません

ページの先頭へ