看護師教育研修プログラム

日時 研修項目 方法 研修内容 研修目的
第1回 清潔 衣生活援助技術 講義 口腔ケア 入浴 清拭の必要性は
患者の状態をアセスメント出来る
効果的な口腔ケアが出来る
第2回 酸素吸入療法 吸入療法 講義 酸素吸入 吸入について
解剖 生理から   酸素 吸入の実際
酸素吸入 吸入両方について
理解出来る
第3回 気管切開 吸引技術 講義 清潔管理 カフ圧管理 カニューレ交換の方法 気管切開の管理が出来る
第4回 IVH管理 介助 講義 IVH管理 介助方法について IVH管理 介助方法が理解できる
第5回 経管栄養 講義 経管栄養法について
胃管カテーテル挿入の方法について
経管栄養について理解出来る
第6回 与薬の技術 講義 注射 内服薬 インシュリン
誤薬について
注射 インシュリンの技術を習得する
第7回 排泄援助 講義 浣腸 摘便 導尿
バルン挿入
排泄援助技術を習得する
第8回 救命救急処置技術 講義 意識レベルの観察
急変時の対応 救急カーとの活用
急変時の対応が出来る
  看護計画 看護記録 講義 看護計画立案 実施  看護記録とは 看護計画立案が出来る
第9回 医療区分について 講義 医療区分とは
実際の患者による実施
医療区分について理解する
第10回 死亡時の対応 講義 死亡時の対応
死後の処置
死亡時の対応が出来る
第11回 ME機器の取り扱い 講義 心電図 モニターの取り扱い ME機器に慣れる
第12回 症状 生体機能管理技術 講義 VSの観察 血液 尿検査
SPO2  血糖採血
全身状態の観察が出来る

ページの先頭へ

看護職員 教育研修プログラム

日時 研修項目 方法 研修内容 研修目的
第1回 排泄援助
オムツ交換
陰部洗浄
講義
体験
陰部ケア オムツ交換の必要性は
実施にあたり注意事項 ポイント
皮膚の状態 オムツのズレ防止
硬縮患者のオムツの工夫
排泄介助 技術の習得
第2回 活動 休息援助
転倒 転落のアセスメント
講義
体験
体位変換 トランスの必要性は
患者の状態の観察
実施にあたり注意事項 ポイント
ボディメカニクスが守れる
安全用具の使用法 観察 注意点は
安全な体位変換 トランスが 出来る

転倒 転落予防 予測し観察 する
第3回 清潔 衣生活援助技術 講義 清拭 入浴の必要性は
実施にあたり注意事項 ポイント
患者の状態の観察
プライバシーへの配慮 コミュニケーションが出来る
必要物品 環境 湯の温度保温に考慮出来る
口腔ケア
寝衣交換の必要性
清潔 衣生活に対し技術を習得
第4回 食事介助援助技術 講義 食事介助の必要性は
実施にあたり注意事項 ポイント
患者の状態の観察
経管栄養の必要性は
実施にあたり注意事項 ポイント
食事介助技術の習得
第5回 環境調整技術 講義 病室 療養生活環境
ベッドメイキング
実施にあたり注意事項 ポイント
環境調整技術の習得

ページの先頭へ