一般撮影

当院では、CRシステム(デジタル)の導入により従来のアナログ方式よりも検査、撮像時間が短縮されています。撮影寝台の高さが35cmから自由に変えられるのでご高齢の方にも乗り降りがしやすくなっています


放射線科 CRシステム CRシステム

ページの先頭へ

骨密度検査(超音波骨密度測定装置)

当院では、医療機器整備の一環として超音波骨密度装置を設置しています。
超音波骨密度装置は、超音波が踵(かかと)を通過する時の変化によって骨密度を測定しています。
この測定により、骨の健康度の確認と生活習慣病の側面からいろいろなリスクファクターを見直すことは、骨粗鬆症の予防の為の第一歩となります。

  1. X線の被曝がないので安全です。
  2. 測定は1分程度なので簡単です。
  3. 結果はグラフで表示されるので解りやすいです。

ページの先頭へ

その他検査について

当院では、系列病院(春日部厚生病院)でのCT撮影や近隣病院でのMRI撮影など当院で出来ない検査も提携病院との連携によってカバーしています。
また系列病院とはPACS※によりネットワークが繋がっているので、検査終了後にフィルムを持って移動することがなく、より安心でスピーディな対応ができます。

PACSとは?

PACSとはPicture Archiving and Communication Systemの略語で医療用画像保存システムと言います。各種画像装置(レントゲン、CT、MRI等)から得た画像をデジタル化しネットワークを介してリアルタイムで検査画像を参照、閲覧するシステムです。
画像データはデジタル保存されるので従来のフィルムのような画像劣化がありません。
過去の検査データを必要な時にすぐ閲覧することができます。